挫折しない人の考え方とは?あなたでも必ず変われる方法をご紹介します!

ビジネス
スポンサーリンク

こんにちは、てるきちです。

 

何か新しいことをはじめても
なかなか結果にあらわれず
途中であきらめてしまったことってありませんか。

 

最初はやる気に満ち溢れていても、
3日もすると、「熱が冷めた
なんて、よくあることです。

ただ、自分が挑戦しようと
決めたものであれば、
結果がみえるまで挫折せずに、
挑戦しつづけていきたいですよね。

 

今回は、そんな想いがあるあなたに
挫折しない人の7つの考え方をご紹介していきます。

 

記事を最後まで読んでいただければ
きっと挫折せず、前向きに挑戦できる自分に変われるはずです。

 

最初にポイントを述べます。

 

  • 何のために?」という目的感を持つ
  • 「なりたいゴール」を鮮明に想像する
  • どうしたらできるのか」を考える
  • ゴールを細かく設定する
  • 疲れたら休むことも大切
  • 応援してくれる人・味方をつくる
  • 感謝する心をもつ
  • 自分が前向きになれる言葉に触れる

 

では、早速みていきましょう。

挫折する人の特徴とは?

まずは、挫折する人の特徴をみていきましょう。

 

特徴としては、

 

  • 「自分には無理かも」と自己否定してしまう
  • 「〇〇しなければ」と義務感で続けている
  • 「あれもやりたい」と他のことが気になる
  • 「自分のやり方はこれだ」と謙虚に学ばない

 

この4つのどれかに当てはまると
いずれ壁にぶつかる傾向が高いです。

 

挫折する人の心の根底には、苦痛などの「ネガティブな気持ち」があります。

楽しくないことベネフィット
感じなければ、当然続けていくことむずかしいです。

 

挫折せずに続けていくためには、
ネガティブな感情を
ポジティブなものに自分の中で
組み換えていくことが、まず大切です。

 

では、次からは挫折しない人の考え方をご紹介していきます。

挫折しない人の考え方とは?

【考え方①】「なんのために?」という目的感を持つ

あなたは、今取り組んでいることは
なんのためにやっているのでしょうか?

 

まず、目的をしっかりと
自分の中で理解していきましょう。

 

たとえば、

 

  • 稼げるようになりたい
  • ダイエットしたい

 

いろいろな答えがあると思いますが、
もう一段階深堀していきましょう。

 

より深堀していくためには
「なんのために?」という問いを
アタマにつけると効果的です。

 

  • なんのために、稼げるようになりたい?
  • なんのために、ダイエットしたい?

 

そうすると、より深堀された目的があらわれてきます。

 

たとえば、

 

  • 自分で稼げるようになりたい
    家族を養える力をつけて、安心させたい
  • ダイエットしたい
    →健康になって100歳まで元気で生きたい

 

一段深く考えることによって
目的感の解像度があがります。

その結果、あなたの目的は
強い使命感に変わります。

 

挫折しそうになったとき、
なんのために自分が取り組んでいるのかを
忘れずに取組める人は、折れずに頑張れます

【考え方②】「なりたいゴール」を鮮明に想像する

ゴールイメージはありますか?

 

いまやっていることが成功したら
あなたの生活はどう変化し
どういう将来が持っていますか

 

もしあなたが、
会社から独立したい人であれば、
次のように考えるかもしれません。

 

毎日、自然豊かなコテージで家族と
過ごし、仕事はWEBで週2日のみ。

 

残りは子供たちと遊んだり、
友人とキャンプに出かけたり、
地域の方々と街づくりをしたり
やりたいことをやっていく。

いかがでしょうか。

 

ゴールイメージが鮮明できた分だけやる気は高まります

【考え方③】「どうしたらできるのか」を考える

挫折する人は、自分を責めいてしまう傾向があります。

 

「なんで、できなかったんだろう」
「なんで、あの人はうまくいっているに、自分は…」

 

反省することは大切ですが、
自分を責めすぎてしまうと誰だって辛くなります

 

一方、挫折しない人は、どうすれば、できるのか

 

と、次につながるように建設的に考えていきます

次の建設的なアクションにつながるように
「どうすれば?」という風に考えるクセをつけていきましょう。

【考え方④】ゴールを細かく設定する

長く取り組んでいくためには、
やっていることが正しい方向に
進んでいるのかを、細かくチェックしていくことが大切です。

細かくチェックしていかないと
とくに最初は結果が見にくいため
成長している実感が湧かず挫折を招いてしまいます

 

結果とは、日々の行動の積み重ねです。

 

【考え方⑤】疲れたら休む。続けていくことが大切。

究極、「三日坊主」でもボクはいいと思っています。

 

三日坊主になっても、
休んで、また挑戦。
また三日坊主になって…
の繰り返し。

 

大切なことは、続けていくこと

 

細く長く続けていくためには、「休むこと」は大切です。

三日坊主になって、
「やっぱり自分はだめだ…」と考えてしまうのではなく、

 

「明日から、またがんばろう」
そう前向きに思えることが大事です。

 

【考え方⑥】応援してくれる人・味方をつくる

強靭なメンタルの持ち主は別ですが、
多くの人は、ひとりだけで何かを続けていくには限界があります。

 

あなたを応援してくれる人味方をつくっていきましょう。

自分が挑戦していることや
目標を発信していけば
あなたのことを応援してくれる人は必ず現れます。

 

何かに挑戦していること自体がすばらしいことです。

 

結果がでず、落ち込んだときに
応援してくれる人の励ましほど心に沁みる言葉はありません

 

家族や友人、職場の仲間、
SNSなどを最大限活用し、あなたの挑戦を発信していきましょう。

SNS

ひとりで抱え込んでいるのはもったいないです。

【考え方⑦】感謝する心をもつ

感謝する気持ちの余裕がある人は、
物事をポジティブとらえることができます。

挑戦していることには
「必ず意味がある」と考えられ、
結果にしばられず、あらゆることを吸収していくようになります。

 

あなたから生まれるポジティブな感情は
まわりの人たちにも伝染し
何か困ったことがあったら
助けてくれるようになりますよ。

 

【考え方⑧】自分が前向きになれる言葉に触れる

挫けそうになったとき、言葉の力は絶大です。

 

言葉ひとつで、絶望が希望に変わります。

 

おススメなのが、過去の名言や詩集に触れてみることです。

その短い文章の中に、
私たちに気づきを与え、
やる気を起こしてくれる素敵な言葉が数多くあります。

 

自分が困難に直面した時、
元気を与えてくれる言葉を持っている人は強いです。

 

まとめ

いかがだったでしょうか。

 

以下の内容をご紹介しました。

 

  • 何のために?」という目的感を持つ
  • 「なりたいゴール」を鮮明に想像する
  • どうしたらできるのか」を考える
  • ゴールを細かく設定する
  • 疲れたら休むことも大切
  • 応援してくれる人・味方をつくる
  • 感謝する心をもつ
  • 自分が前向きになれる言葉に触れる

 

自分が腹落ちしていないまま
続けていけても楽しくないですし、きっと続きません。

 

やり方はどうであれ、
「楽しい」とあなたが感じられることが大切です。

 

今回ご紹介した記事の考え方を参考に
一度、自分と向き合ってみてはいかがでしょうか

 

今回の記事が、少しでも参考になったことを願っております。

 

最後までお読みいただきありがとうございました^^

 

よろしければ関連記事
チェックしてみてください。

タイトルとURLをコピーしました