東京2020パラリンピックから筆者が学んだこと|人間の可能性への挑戦

ビジネス
スポンサーリンク

こんにちは、てるきちです。

 

コロナによって開催が1年延期、そして
前例がない無観客での開催となったものの、
2021年7月23日からはオリンピック、
8月24日からパラリンピックがスタートしました。

 

パラリンピックでは、

 

・人間の可能性への挑戦
・多様性
・力強さ など

 

オリンピックとは違ったメッセージ性
選手たちの活躍を通して感じることができます。


出典:パラサポWEB 

今回はパラリンピックでの選手たちの活躍から
筆者であるボクが感じたことをこのブログに綴っていきます。

 

この記事がオススメな人は、以下の通りです。

 

  • モチベーションを高めたい人
  • 自分に自信が持てない人
  • パラリンピック・パラ選手に興味・関心がある人

では、早速みていきましょう!

障がいにも負けず、力強いパラ選手たち

日本では、これまでパラの競技を見る機会がほとんどなかったと思います。
実際、ボク自身もパラの競技は今回の東京大会で初めて見ました。
そして、選手たちの活躍に衝撃を受けました。

 

  • 腕や足がない選手
  • 盲目の選手
  • 脳梗塞など過去に重い病気を患った選手 など

 

こうして字ずらだけを並べると
ネガティブな気持ちになりそうですが、
パラリンピックに出場している選手たちは
ひとりひとりが障がいを持っているものの、
健常者たち以上に高い身体能力を発揮し、メダルを目指してベストを尽くします。

 

たとえば、今回のパラリンピックで日本勢初の金メダルをとられた水泳の鈴木選手
彼は生まれつき両足と右手がなく、左手にも障がいを患っています


出典:BBCニュース

この身体であれば、
人生に絶望し、悲観的に人生を生きてしまうこともあるかと思います。

 

しかしながら、
鈴木選手はそういった身体的な状況下でも、
必ず金メダルを取るという目標を決意し、
今回大会では、以下の4つでメダルを獲得してます。

 

  •  50メートル平泳ぎの銅メダル
  •  100メートル自由形の金メダル
  •  150メートル個人メドレーの銅メダル
  •  200メートル自由形の銀メダル

 

しかも各メダル獲得後のインタビューでは、
いつも「メダルはとれてよかったが、タイムが少し遅かった」
と超ストイックなコメントを残していきます。本当に尊敬します!

 

こうした驚くべき記録や結果は
鈴木選手だけではなく、今大会に出場しているパラ選手たちからも見受けられます。


出典:NHK

パラ選手はひとりひとりが、
障がいにも負けずとても力強いです。
そして多くの人たちに希望人間の可能性を伝えてくれています。

障がいは「ハンデ」ではなく、1つの「個性」である

パラリンピックがの特集報道で、
あるパラ選手が語った言葉がとても印象に残りました。

 

障がいは「ハンデ」ではなく、1つの「個性」である。

 

素敵な言葉ですよね。

 

この言葉を聞いて、
昔職場の先輩から
「人には長所もあれば、短所もある。
短所ではなく、長所を伸ばすようにしよう。」とアドバイスされたことを思い出しました。

 

パラ選手たちは、自分たちができること
得意なことに集中し鍛え抜くことによって、
健常者以上に飛び向けた成果を残せたんだなと感じました。

 

ひとりひとり違っているのが当たり前
お互いができること、
得意なことで支えあっていく大切さ
パラリンピックから学ぶことができます。

大人になってくると、
どうしても頭が固くなってきてしまい
これまでの常識で物事を考えてしまいがちです。

 

でも今以上に多様性が求められる
これからの社会では、
互いを尊重する姿勢がより重要になってくるかもしれません。

 

パラの選手の、いつも笑顔で明るくて
感謝の心を忘れないことも素敵ですよね。

 

自己ベストに向けて自分の壁を破ろうとする
パラ選手たちの活躍を見ていると
五体満足で生まれてきた
自分はなんて恵まれているんだろうと改めて気づかされました。

 

「パラ選手たちがあれだけ頑張っているなら、
自分ももっと頑張らないと」
と、自然とそう思いました。

ボクも仕事や私生活でうまくいかず
落ち込む時もありますが、
落ち込んで暇があるのなら、
パラ選手のように
「この状況をどう乗り越えるか」
前向きに考えて、状況を主体的に変えていけるよう考え方を変えていきます。

まとめ

障がいではなく「個性」
人と違うからこそ、誰かに希望や価値を与えられるというパラリンピックの考えは本当に素敵です。

 

自分の人生をもっと輝かせるためには、

 

  • 自分は何をしたいのか
  • 自分は何ができるのか

パラ選手たちのように自分と向き合い
繰り返し問いかけることによって、
漠然だった自分のやりたいことがより明確になってくるかもしれません。

 

パラ選手たちから教わった
最後まであきらめない心
自分の可能性を信じぬく心
ぜひビジネスや私生活でも活かしていきたいと思います。

 

今回の記事が少しでも参考になることを願っております。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

よろしければ関連記事もチェックしてみてください。

タイトルとURLをコピーしました