【理不尽にさようなら】手柄を横取りする人に対するスマートな対処法とは?

ビジネス
スポンサーリンク

こんにちは、てるきちです。

 

仕事において、
自分が頑張った末の成果なのに
上司や同僚に横取りされた経験ってありませんか。

 

ボクの昔、よく被害にあいました。

 

正直、頑張った身としては、
気持ちよくないですし、
最初は怒りさえ覚えました。

しかし他人は変えられないですし、
自分だけがストレスを抱えるのは
時間もエネルギーも勿体ないと思い、考え方を変えました

 

今回の記事では、
手柄を横取りする人の心理を学んだうえで、
スマートに対処する方法を語っていきます。

 

最初に結論を述べます。

 

  • 自分のスキルアップに集中しよう
  • 同僚や他部署を巻き込んでいこう
  • 上司の上司を味方につけよう
  • 異動・転職をしよう

 

では、さっそくみていきましょう。

手柄を横取りする人の心理とは?

手柄を横取りする人の心理について、
大きく分けて以下の3つがあります。

 

  1. 自分の利益しか考えていない
  2. 思い込みが激しい
  3. 部下の手柄は上司の手柄だと考えている

 

それぞれみていきましょう。

【その①】自分の利益しか考えていない

一つ目は、自分の利益しか考えていない人です。

 

このタイプは、自分が大好きであり、
承認欲求が強い特徴があります。

常識的に考えると、
人の手柄を横取りすることは、
関係性が悪くなることが想像できるので、
普通は行わないです。

 

ただこのタイプは
「自分のことを第一」に考えているので、
人の手柄を横取りしても
全く気にしない、やっかいなタイプです。
ボクの被害もこのタイプでした。

【その②】思い込みが激しい・都合のいいように解釈する

二つ目は、思い込みが激しい人です。

 

たとえば、このタイプの人は
仕事に1%しか関わっていなかったとしても
「この仕事は自分が頑張った」と真剣に語ってきます。

 

権力のある上司の場合だと、
さらにやっかいです。

 

都合がいいようにモノゴトを解釈して、
部下にプレッシャーをかけてきます。

【その③】部下の手柄は上司の手柄だと考えている

三つ目は、部下の手柄を上司の手柄だと考えている人です。

 

この上司もそういった社内文化の中で
育ってきてしまったので、
「部下の手柄=自分の手柄である」
という認識が当たり前になっています。

 

たしかに組織でみると、
部下の手柄は上司の手柄かもしれませんが、
実務をやったのが部下であれば、
「〇〇さんが頑張ってくれたおかげだね」と、一言くらい欲しいですよね。

手柄を横取りする人へのスマートな対処法とは?

では、ここから横取りする人への対処法を
ご紹介していきます。

【その①】自分のスキルアップに集中しよう

手柄を横取りされて、
気分が優れない気持ちもわかりますが、
ボクの経験上、横取りされたとしても
あなたの仕事ぶりを見ている人は見ています。

 

その人は、あなたが頑張ったことを知っています

また、成果は横取りされたとしても、
その仕事通じて学んだ経験は
あなただけのものです。

 

仕事内容自体には不満がなければ
承認欲求は満たされませんが、
自分のスキルアップのためと割り切り、
仕事に集中するのも1つの手
です。

【その②】同僚や他部署を巻き込んでいこう

横取りされてストレスを感じたら
自分の中だけで溜め込まずに
他人に共有して、気持ちを発散させましょう。

 

ボクの経験上、あなたがもし、
横取りされる被害にあっているのであれば、
きっと周りの人たちも
同じような被害にあっている可能性が高いです。

 

そういう人たちと同盟を結んでおく
いざ同じ仕事をする機会があった際に、
あなたがどれだけ頑張ったのかなど、
自分では言えないこと代わりに関係者に伝えてくれます

【その③】上司の上司を味方につけよう

話が通じない上司であれば、
上司の上司を味方につけましょう

 

最近は、パワハラ・モラハラなど、
コンプライアンスが厳しい社会であり、
役職があがればあがるほど、
そういったことに対して敏感です。

 

ですので、あなたが悩みを相談すれば
上司の上司は真摯に向き合ってくれる可能性が高いです。

ひとりで話すのが気まずければ、
同僚などと一緒に行くこともいいかもしれません。

 

横取りする上司も
結局自分の上司に成果をアピールするので、
その上司が事情を分かっていると思えれば
あなたも少しは安心して
仕事に取り組むことができるようになります。

【その④】異動・転職をしよう

①~③が自分には耐えられないと
思われたのなら、異動・転職も選択肢の1つです。

 

会社の規模によりますが、
自分で希望して異動する制度がある場合は
もしやりたい仕事が社内にあれば、
異動制度を活用する方法がオススメです。

 

社内でそういった制度がない
もしくは、やりたいことがない場合は、
転職するという流れがいいとボクは考えます。

 

ただ人間関係の問題は、
たとえ異動や転職をしても、
人がいる限り、何かしら発生します。

 

なのでやりたいことやスキルアップなど
ポジティブな理由で転職する以外は、
ご紹介した①~③を実践し、嵐が過ぎるのを待った方が得策です。


「もう堪忍袋の限界!」
という
状態だったのなら、④の選択肢をとりましょう

まとめ

人に手柄を横取りされた経験から
自分は決して相手の手柄を取らず
むしろ、相手の頑張りを尊重する人になろうと決意しました。

 

当たり前なのですが、
自分がされて気持ちよくないことは
人にしないことが大切です。

 

そして究極的には、上司や同僚が
自分をどう評価するのかではなく、
昨日の自分と比べて成長できたかどうか
その軸を持っている人は、
外部環境に左右されず、着実に前進していける人だとボクは考えます。

 

今回の記事が少しでも、
あなたの人生を豊かにする
お役に立つことを願っております。

 

最後までお読みいただきありがとうございました^^

 

よろしければ関連記事も
チェックしてみてください。

ランキングに参加中です。
応援していただけるのでしたら、
『てる基地』の記事にワンクリックしてもらえるとうれしいです。
にほんブログ村 経営ブログ 仕事術へ
にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました