これからのビジネスマンに一番求められるのは「問いを立てる力」!

ビジネス
スポンサーリンク

コロナの影響を受けて、
私たちの日常は、大きく変化しています。

 

それはビジネスも同じです。

 

テレワークの導入や副業の解禁など
これまでの「常識」はたった1年で急速に変わってきました

 

いま、ビジネスマンにとって必要なことは
世の中の変化に応じて、柔軟に、素早く対応していくこと

そこでいま注目されているのが、問いを立てる力です。

 

自ら問いを立てることができる人材
これからますます求められます

 

「良い問い」は、行き詰まりから
私たちを解放し、可能性を広げてくれます

 

今回は記事では、
いまもっともビジネスマンに求められる
「問いを立てる力」についてご紹介していきます。

 

最初にポイントを述べます。

 

  • 「答え」には、価値がなくなってきた
  • 「常識」は変化し、答えを自分で見つけていく時代になった
  • 「問い」は、可能性を広げ、人を動かす力がある

 

では、早速みていきましょう。

「問いを立てる力」がより必要になった理由

まずは、なぜ「問いを立てる力」
これから最も必要になってくるのか。
その理由をご紹介していきます。

【理由①】今の時代「答え」に、それほど価値がなくなってきた

昭和までの時代は、
人が知らないことを知っていることが、
他者より優位に立つためには重要でした。

 

しかし、いまはどうでしょう。

 

インターネットやSNSが発展したお陰で、
私たちは、いつでも情報を検索し、
答えを見つけることができるようになりました。

 

  • 「素敵な暮らしとは?」
  • 「お金持ちになる方法とは?」

 

検索すれば、すぐに知りたかった答えを見つけることができます

そして、すぐに見つけられる答えは、大体が似た答えです。

 

勘の鋭いあなたであれば
おわかりかと思いますが、

 

「似ていること」は、
「差別化」や「個性」に繋がらず、
価値がほとんどありません

 

そして、すぐに見つけられる答えは
すぐに役に立たなくなります

 

いま必要なことは、

 

  • 「どういう風に」答えを探すのか
  • 「何を」答えにするのか など

 

誰もが手に入る「答え」ではなく
好奇心からくる「問いを立てること」です。

【理由②】「常識」が変化している

コロナの影響は、私たちの生活
働き方や価値観を大きく変えました。

 

たとえば、ビジネスマンは
毎朝、満員電車に乗ってヘトヘトに
なりながらの通勤が当たり前でしたが、

 

いまでは、テレワークがかなり浸透してきましたよね。

 

  • マネジメントの正解は?
  • 働き方の正解は?

 

いま、こうした日々の変化を受け、
多くの管理職がアタマを悩ませています

働き方のテーマだけに限らず

 

  • グローバル化への変化
  • ダイバシティへの変化
  • 企業の在り方の変化
  • 業界・業態の変化 など

 

変化に柔軟に対応していくためには、
つねに「自分たちにとっての正解は何か」
という問いを持ちながら、問題と向き合い続けていく姿勢が大切です。

 

「100%正しいこと」はありません。

【理由③】「問い」は可能性を広げ、人を動かす力がある

「良い問い」は、私たちの考え方が変え、
考え方が変われば、行動が変わってきます。

 

どうしようもない状況から、
抜け出す力をくれるとてもポジティブな力を持っています。

 

それは仕事の場面でも同じです。

 

ただ上司から部下へ
「〇〇をやっておいて」と、指示するよりも、

 

「〇〇についてどう思う?」
と質問した方が、部下は自分なりに考え、行動するようになります

  • どうすれば、うまくいくのか?
  • 自分がいますべきことは何なのか?

 

自分の中で、問いを考えることによって
人は、はじめて動き出すのです。

「問いを立てる力」の磨き方

では、ここからは「問いを立てる力」
の磨き方をご紹介していきます。

【その①】「常識」や「あたり前を」を疑う

いま、昨日まで「正解」だったことが
今日「正解である」である保証がなくなりました。

 

「問いを立てる力」の磨き方で、
大切なことは、「常識」を疑うことです。

 

ビジネスマンであれば、

 

  • どうして、働いているのか?
  • どうして、いまの仕事がいいのか?
  • いまの時代に必要なこととは? など

 

普段あなたが、
何か違和感を感じているのであれば、
その感情を無視せず、徹底的に深堀をしていきましょう

そうすることで、

 

  • 無意識にやっていることに気づける
  • 世間ではなく、自分の価値軸ができる

 

変化する社会に対しても、
ビジネスマンとして柔軟に対応できる力が養われてきます

【その②】「どうすれば」という問いを積極的に使っていこう

「なぜ?」という問いは、
ビジネスの場面でも、よく使用されます。
「TOYOTAの5回なぜ?」の話は有名ですよね。

 

「なぜ?」は、
物事の本質が理解するため
大切な問いですが、

 

「なぜ?」に加えて、
「どうすれば?」という
問いを積極的に使ってみてください

「どうすれば?」という問いは、
新しいアイディアを閃めいたり
次の行動につなげたり、発想を広げ、行動に促す効果があります。

【その③】良質なインプットをしていこう

いくら「良い問いを立てよう!」と考えても
あなたが知らないことから、
いいアウトプットは生まれません

 

ラーメンを食べたことがない人から、
おいしいラーメンの作り方は
出てきませんよね。

 

良い問いを立てるためには、
良質なインプットが必要です。

 

そのためには、

 

  • 読書をする
  • 勉強をする
  • 様々な分野の人と話す
  • 色んな場所を訪れて、体験する など

様々なことに触れ、体験をしていき、
自分の視野や価値観を広げていくことで
問いが自然と湧いてくるようになります。

 

 

ボクもアタマが凝り固まらないように、
「1日ひとつ、新しいことをやる」をモットーに生活しています!

 

まとめ

今回は以下の内容をご紹介しました。

 

  • 「答え」には、価値がなくなってきた
  • 「常識」は変化し、答えを自分で見つけていく時代になった
  • 「問い」は、可能性を広げ、人を動かす力がある

 

これからのビジネスマンには、
できない理由を考える天才ではなく、
できる理由を考える天才が求められます

 

そこでもっとも必要な力が、
「問いを立てる力」です。

 

問いは、さらなる問いを生み、
人をクリエイティブでワクワクした気持ちにしてくれます。

 

あなたの問いを立てる力を磨き、
自らがより良い世の中を作っていく力
つけていってください。

 

今回の記事が、少しでも参考になったことを願っております。

 

最後までお読みいただきありがとうございました^^

 

よろしければ関連記事
チェックしてみてください。

タイトルとURLをコピーしました