部下から尊敬される上司とは?部下が一緒に働きたいと思う8つの特徴

ビジネス
スポンサーリンク

こんにちは、てるきちです。

 

社会人として、10年くらい
働いていると、自分が上司になり、
部下を持つ機会が増えてきます。

 

「上司は選べない」
よくそう言われます。

 

ですが、自分が上司になったとき
どうせなら、部下から信頼される
存在になりたいですよね。

ボクはオープンイノベーションの
仕事をしているので、社内外問わず
さまざまな人たちとお付き合いがあります。

 

その経験を活かし、今回は、
ボクが感じた部下から尊敬される
上司の特徴7つをまとめてみました。

 

部下からしたわれる上司がいるチームは、
ひとりひとりがやる気に満ち
パフォーマンスが高まります

 

この記事をヒントに
あなたの上司力を磨いてみませんか

 

最初にポイントを述べます。

 

  1. 一緒に仕事をしていて、自分が成長できると思える
  2. 夢やビジョンを語ってくれる
  3. 部下以上に動いている
  4. 部下のキャリアをしっかりと考えてくれる
  5. 部下を尊重してくれる
  6. 愛嬌やユーモアがある
  7. 部下を守ってくれる
  8. 人によって態度を変えない

 

では、早速みていきましょう。

【現状把握①】尊敬できる上司はいる?割合を調査

まずは現状把握として、
職場に尊敬できる上司がどれくらいいるのか
をみていきましょう。

 

転職エージェント「ワークポート」では
全国の転職希望者255人を対象に、
「現在の上司は尊敬できる人か」
というアンケート調査を行いました。

 

結果として、
約70%の人が現在の上司を
「尊敬できない」と回答しました。

参考リンク>>

<働くみんなのホンネ調査>現在の上司を尊敬できない人が約70%!良い上司と部下の関係を築くためには…?
株式会社ワークポートのプレスリリース(2019年2月5日 13時00分)<働くみんなのホンネ調査>現在の上司を尊敬できない人が約70%!良い上司と部下の関係を築くためには…?

 

想像していたよりも多いですね。

 

女性ビジネスマンが対象の
「マイナビウーマン」でも
同じ問いで調査を行ったところ、

 

 

約45%の人が現在の上司を
「尊敬できない」と回答しました。

参考リンク>>

働く女子が本音をぶちまけ! 自分の上司を尊敬できる? ⇒45.9%「いいえ」と回答

 

「ワークポート」は
転職希望者向けの調査なので、
少し数字が大きくなってしまう
傾向があるかもしれませんが、

 

2つのサイトから、
約半数の割合は、現在尊敬できる上司が
いない状況だということがわかります。

 

つまり、2人にひとりは
いまの上司が尊敬できないということです。

【現状把握②】上司に対する不満で転職を考える人の割合

興味深いのは、
上司に対する不満で転職を考えたこと
がある人の割合は、

 

なんと、
約75%にものぼるということ。

 

実際に転職した数字ではありませんが、
上司と良好な人間関係が築けていない
ことが原因で、多くの部下が悩んでいる
ことが読み取れます。

では、尊敬できる上司とは
どんな特徴があるのでしょうか
次からご紹介していきます。

尊敬できる上司の特徴とは?

【特徴①】一緒に仕事をしていて、自分が成長できると思える

部下は上司が思っている以上に、
上司のことを観察しています。

 

  • 口先だけで指示して、
    自分は全く動かない上司
  • 上司のさらに上司の
    いいなりになっている上司

 

こういった上司のもとでは、
共感や尊敬できる点がなく
部下として働くモチベーションは下がります

 

部下は上司からさまざまことを吸収し
成長したいと思っています。

 

仕事で行き詰って相談したとき、
何をすればいいかを整理して、
次のアクションを明確してくれたり

 

いつも自分が想像もしていなかった
ような仕事(チャンス)を振ってくれ、
成長できる機会を与えてくれたり

 

こういった上司は部下としても学ぶことが
多く、仕事への意欲も高まります。

【特徴②】夢やビジョンを語ってくれる

社会がめまぐるしく変化している中で、
「こういう未来をつくりたい」
夢やビジョンを語れる上司は、尊敬できます。

 

ただ語るだけではなく、
実際にそれ実現されるため、
自らリーダーシップを発揮し、
率先してチームを引っ張っていく上司は
単純にカッコイイです。

そういった考えがある上司は、
部下がやりたいこと尊重してくれ
全力で応援してくれる人が多いです。

【特徴③】部下以上に動いている

ただ会社から方針を、
「いかにこなすか」という視座ではなく、

 

社会から求められていること
いま必要なアクションを自ら考え
それをチームに還元すること

 

そういった高い視座で仕事ができる
上司からは学ぶことが多いです。

 

そして自らが、一番動いている

そうなると、部下としては、
文句の言いようがなく、
「自分ももっと頑張らねば」と、
前向きに仕事に向き合えるようになります。

【特徴④】部下のキャリアをしっかりと考えてくれる

ボクは上司から言われて
感動した言葉があります。

管理職の管理職手当は、
部下のキャリアを応援するためにもらっている
お金だから、いつでも相談してきていいからね

部下として、本当にうれしかったですし、
この上司と一緒に働けて本当に幸せだな
感じた瞬間でした。

 

どんなに忙しくても、
ひとりひとりのキャリアにしっかりと
向き合ってくれる上司は、信頼できます。

最近は働き方も多様化したので、
なおさら、上司と部下の
密なコミュニケーションが大切になってきました。

【特徴⑤】部下を尊重してくれる

決まったことを、指示するのではなく、
「どう思う?」と
部下の意見を尊重してくれる

上司は、部下から信頼されます。

 

オープンで謙虚な姿勢で
部下を尊重することは
部下をやる気にさせ、
成長するスピードを高めます。

 

結果、よいチームになってきます。

また仕事でも上司がサポート
してくれたにも関わらず、
部下の手柄にしてくれる上司は、
部下もやる気が高まります。

【特徴⑥】愛嬌やユーモアがある

しめる時はしっかりとしめる反面、

 

普段は、上司自らが声をかけやすい
雰囲気をつくったりユーモアを
交えたり、部下が働きやすい環境を
つくれる人は魅力的です。

その雰囲気は、部下から
率直な意見が出てきやすくなり
世の中の変化にも柔軟に対応できる
チームになっていきます。

 

反対に仕事ぶりがどんなに尊敬できる人でも、
冷たかったり怖かったりしたら、
部下としては、心地よく仕事ができず
萎縮してしまいます。

【特徴⑦】部下を守ってくれる

部下がミスしたとき
会社から理不尽な指示があったときなどに
部下を守るために行動してくれる
上司は、部下から尊敬されます。

責任をすべて、
部下に押し付けるのではなく、
上司自らが矢面に立つことで、
部下としても、上司を助けたいという
相乗効果が生まれます

【特徴⑧】人によって態度を変えない

人によって態度を変える上司は、
部下から信用されません

 

たとえば、
自分より目上の人やお客さんには
ペコペコしているのに、
部下に対しては厳しい上司。

 

相手が目上の人であろうと
お客さんであろうと、
新人であろうと、

 

人によって態度を変えず、
オープンに話を接してくれる上司
部下に安心感を与え、尊敬されます

まとめ

いかがだったでしょうか。

 

以下の内容をご紹介しました。

  1. 一緒に仕事をしていて、自分が成長できると思える
  2. 夢やビジョンを語ってくれる
  3. 部下以上に動いている
  4. 部下のキャリアをしっかりと考えてくれる
  5. 部下を尊重してくれる
  6. 愛嬌やユーモアがある
  7. 部下を守ってくれる
  8. 人によって態度を変えない

 

何かを実現するためには
あなた一人の力では成し遂げられません。

 

部下から尊敬される上司となれば
部下が自らやる気になり、
上司も部下もWIN-WINの関係になります。

 

あなたが部下のために使った時間
必ず、いつかあなたのもとに返ってきます

 

があって、部下のなった人たちの
可能性を最大限拓いていきましょう。

 

今回の記事が少しでも参考になったことを願っております。

 

最後までお読みいただきありがとうございました^^

 

よろしければ関連記事
チェックしてみてください。

挫折しない人の考え方とは?あなたでも必ず変われる方法をご紹介します!
こんにちは、てるきちです。 何か新しいことをはじめても なかなか結果にあらわれず 途中であきらめてしまったことってありませんか。 最初はやる気に満ち溢れていても、 3日もすると、「熱が冷めた」 なんて、よ...
成功者から学ぶ 失敗のススメ|成功者の共通点とは
こんにちは、てるきちです。 仕事でも、プライベートでも 人は「失敗」をしたくないと考えます。 失敗をしないために、 たくさん情報を集めます。 ですが、 迷いが消えなかったり 自信がもてなかっ...
リーダーシップよりも、チームのパフォーマンスがあがるコミュニティシップとは!?
こんにちは、てるきちです。 元号は令和となり、 私たちのワークスタイルや価値観は これまで以上に多様化してきました。 働き方では、 テレワークや副業などが推進され、 グローバル化はさらに進み、 組織より...
タイトルとURLをコピーしました