休み明けの仕事がつらい?前向きに仕事と向き合う8つの方法!

ビジネス
スポンサーリンク

こんにちは、てるきちです。

 

仕事はじめの月曜の朝って
気持ちが憂うつになるときってありませんか。

 

「今日から、また1週間がはじまる、、、」

 

ネガティブな気持ちでスタートさせた1週間は、
あっという間に過ぎてしまいます。

 

「今日」という日は、あなたのかけがえのない人生です。

 

だったら、毎日をイキイキと過ごし
「充実した1週間だった!」と達成感を感じられるような生活を過ごしたいですよね。

活動的

今回の記事では、
前向きに仕事と向き合う8つの方法をご紹介します。

 

ご紹介する記事の内容を実践すれば、
ネガティブな感情が減り、ポジティブに

 

最初にポイントを述べます。

 

  1. 月曜の朝に1週間の予定の確認・ゴールを決める
  2. 一日の中で「自分時間」を多くする
  3. 休憩時間をあらかじめ設定しておく
  4. 毎朝、「おはようの挨拶」をSNSに投稿する
  5. 土日にプチごほうびを用意しておく
  6. ストレスはその日のうちに解消する
  7. 寝る前に日記を書く
  8. 仕事仲間との雑談時間を大切にする

 

では、早速みていきましょう。

【方法①】月曜の朝に1週間の予定の確認・ゴールを決める

慌ただしくスタートした1週間を
充実した時間にしていくためには
予定の確認ゴール設定が大切です。

 

あらかじめゴールを設定することで
1週間でやるべきことを見える化し、
達成感を持って過ごすことができます

スケジュール

また1週間の予定を確認することにより
優先順位を決められ仕事を効率的に
すすめることができます

 

「予定の確認・ゴールを決める」を
やるだけでも、生活の質は大きく変わります。

【その②】一日の中で「自分時間」を多くする

「自分時間」とは、
主体的に過ごす時間のことです。

 

つまり、自分がやりたいと
思って活動している時間です。

 

毎日の予定がやりたくないこと
ぎっしりだったら、辛いですよね。

 

仕事がコントロールできるのであれば、
自分がやりたくない・苦手な仕事は
ドンドン得意な人・好きな人に
振っていきましょう

 

自分が得意なこと、
やりたいことをやった方が
パフォーマンスは高まります

そうはいっても、
やりたくない仕事をしなくては
ならない状況もありますよね。

 

その場合は、
その仕事を通して学べることや、
やる気になる目的を設定し、
主体的に取り組む工夫をしていきましょう

【その③】休憩時間をあらかじめ設定しておく

ICTツールが発達し、
自分の予定を公開・共有すること
当たり前になってきました

 

気がつくと、
スケジュールにたくさんの予定が
詰め込まれていた経験ってありませんか。

 

ボクは予定をたてる際、
あらかじめ休憩時間を決めておきます
(可能ならば予定もブロックしておきます)

 

そうすると、
マラソンの中間地点ではないですが
次の休憩まで頑張ろう
という気持ちになり、業務が進みます

 

またあらかじめ、
休憩時間を設定することは、
働きすぎによる集中力の低下を防ぐことができます。

 

60分~90分以上、作業を続けていても、
集中できなくなり、効率がさがるだけです。

集中

日本人はまじめに働き過ぎです。
休憩時間を有効に使いましょう

 

休憩時間になったら、
コーヒーを飲んで一息ついたり、
ストレッチや散歩をしたり、
気分を変えてみてはいかがでしょうか。

【その④】毎朝、「おはようの挨拶」をSNSに投稿する

他の記事で紹介しましたが、
ボクはブログを開設と同時に、
Twitterをはじめました。

 

開始から約1ヵ月たちますが、
驚いたことは、「朝のおはようツイート」
が活発なこと。

みながポジティブなツイートしており、
非常に元気をもらっています

 

ボクもおはようツイートをしますが、
あたたかいコメントをして下さる方が多く、
一緒に頑張っている連帯感をもって
一日をスタートできます

 

Twitterでなくても、
職場のメンバーや友人に
毎日挨拶をしてから
一日をスタートする生活はおススメです。

【その⑤】土日にプチごほうびを用意しておく

楽しみがあれば、人は頑張れます

 

毎回贅沢なごほうびですと、
金銭的に続かないので、
土日にプチごほうびを用意すること
がおススメです

 

たとえば、

 

  • カフェで本を読む
  • Netflixでドラマをイッキ見する
  • Uber Eats 少しいいものを食べる
  • 友人と会う
  • 恋人とデートする
  • トコトン寝る など

 

自分が前向きになれれば、何でも結構です!

1週間を自分なりにコーディネートしていきましょう

【その⑥】ストレスはその日のうちに解消する

その日感じたストレスは、
その人のうちに解消しましょう。

 

翌日の持ちこす生活を続けていくと
ストレスはドンドン大きくなります。

 

小さなうちに解消するのが大切です。

 

そのためには、ストレス解消法
もっておきましょう。

 

ポイントは、
家の中でできるものがいいです。

 

運動をしたり、
大好きなYoutubeを観たり、
1日の出来事を友人やパートナー話したり、


ため込まない工夫をしましょう

【その⑦】寝る前に「日記を書く」

日記を書くことによって
1日の自分の行動を振り返り

気持ちを整理して、
翌日を迎えることができます

日記

おススメは、3行日記です。
その日のよかったことを書いていきます。

 

よかったことを書く習慣ができると、
日常の小さな幸せに気づく力を
養われていきます

 

それに3行であれば、無理なく
続けていくことができますよね。

 

日記を書くことは、
ストレス解消にもなり、
安眠効果もあるので、おススメです。

【その⑧】仕事仲間との雑談時間を大切にする

仕事の話ばかりですと、
固い関係になってしまいます。

 

どうせなら仕事を楽しめる環境を
つくっていきましょう

 

そのためには、
仕事仲間との雑談時間を大切です。

雑談

数分の雑談時間を通して、
笑顔になれれば、不思議と
気持ちが前向きになります

 

ボクはテレワーク中心で
雑談する機会が減っているので、
意識的に仕事仲間と雑談する時間を
とるようにしています。

 

意外にも、
雑談が次の仕事に繋がることもあり、
仕事においてプラスに働くことが多いです。

まとめ

いかがだったでしょうか。

 

今回は以下の内容をご紹介しました。

 

  1. 月曜の朝に1週間の予定の確認・ゴールを決める
  2. 一日の中で「自分時間」を多くする
  3. 休憩時間をあらかじめ設定しておく
  4. 毎朝、「おはようの挨拶」をSNSに投稿する
  5. 土日にプチごほうびを用意しておく
  6. ストレスはその日のうちに解消する
  7. 寝る前に日記を書く
  8. 仕事仲間との雑談時間を大切にする

 

充実した1週間を過ごすためには、
魅力的な時間を増やすことが大切です。

 

シンプルな法則です。

 

今日が1週間になり、
1週間が1年になり、そして、あなたの人生になります

 

充実した毎日を過ごすために、
少しずつ意識を変えていきましょう。

 

今回の記事が少しでも参考になったことを願っております。

 

最後までお読みいただきありがとうございました^^

 

よければ関連記事
チェックしてみてください>>

タイトルとURLをコピーしました