うまくいかない時こそ成長している証拠!成長するために大切なこととは?

ビジネス
スポンサーリンク

こんにちは、てるきちです。

 

一生懸命頑張っているのに、
何をやってうまくいかないときってありますよね。

 

  • 自分って向いてないのかな
  • 才能がないのかな

 

うまくいかないことが続くと、
そんな風に自分を卑下してしまうこともあるかと思います。

 

挫折を経験したことがない者は、
何も新しい事に挑戦したことが無いということだ。
アルベルト・アンシュタイン(1879年~1955年)

 

アインシュタインが述べているように
そもそも何も挑戦していない人には、成長もありません

 

つまり、うまくいかないと感じているときこそ前進しているのです。

 

今回は、ボクの経験を踏まえながら
自信をなくしているあなたに伝えたい
成長するために大切なことをご紹介していきます。

 

この記事がオススメな人は、

 

  •  自分に自信がない人
  •  失敗を恐れて、一歩踏み出せない人
  •  今よりも成長したいと思う人

 

では、早速みていきましょう。

全てが計画どおりうまくいくことなんてありえない

ボクの仕事は「事業開発」です。
簡単に言うと、新しいビジネスを作っていくこと。

これまでの経験では、
計画通り上手くいったことはありません。
100%何かしら想定外のことが発生します。

 

前例があるような仕事ではなく、
0から1をつくりあげていくことが求められます。

 

ハードルが高く、
これまで0から1にできなかった仕事も多くあります

 

やっと苦労して1になったのに、
コロナの影響で、0に逆戻りなんてことも
2020年ではいくつもありました。

 

ただ、そうして数をこなしているうちに、
「うまくいかないこと」が当たり前になり
そこから自分の考え方もだいぶ変化してきました。

 

うまくいかないことが当たり前なら、
「うまくいかなくても、
イチイチ落ち込む必要はないや」
と、
どこか吹っ切れた気持ちになれたのです。

 

むしろ、うまくいかないときは、
自分は新しいことに挑戦できていると思うようにしました。

ボクが考える「成長するために大切なこと」とは?

ここからは、ボクの経験を踏まえながら
成長するために大切なことについて、自分の考えを述べていきます。

【その①】失敗を「素直」に受け入れられる

失敗の原因を素直に認識し
「これは非常にいい体験になった」
というところまで、心を開く人は、進歩し成長する人だと思います。
松下幸之助(1894年~1989年)

失敗やミスを他人から指摘されると、
自分の非を認めたくなくて、
言い訳をしてしまうときってありますよね。

 

ボクも新入社員時代は、
できないことも多く、
失敗しても他人のせいにしていました。
※いま考えると最低です

 

ですが、その場合反省をしていないので、
結局同じ失敗を繰り返してしまいます。
全然成長していない自分
「このままじゃぁ、いけないな」と
思った瞬間がありました。

 

全て自分の責任である
そう考え方を改めました。

 

そうすると、失敗やミスをした場合、
変なプライドが消え、
困ったら人に頼れるようになり
結果として多くのことを吸収できるようになりました。

社会人としての年次が上がるにつれて、
フィードバックをしてくれる人も年々減ってきます

 

そういった意味でも、自分に
フィードバックしてくれた人の意見は
素直に受け止め、次に活かそうと思えるようになりました。

【その②】失敗を恐れず、挑戦しつづけられる

私は9,000回以上シュートを外し、300試合に敗れた。決勝シュートを任されて26回も外した。人生で何度も何度も失敗してきた。だから私は成功したんだ。
マイケル・ジョーダン(1963年~)

ボクの仕事仲間をみても
成長しているなと感じる人は、
失敗することを恐れず、
自分が決めたことに挑戦し続ける人です。

 

仕事だと、どうしても
成果ばかりに注目しがちですが、
マイケル・ジョーダンの名言のように、
結果を残してきている人は、
成果がでるまでの打席数が違います。

挑戦する回数が多くなれば、
その分、失敗する可能性は高まります。
ですが、失敗の回数が多い分、
成功に近づいていることにもなります。

 

終着駅まではもう少し。
途中で下車したら、もったいないです。

 

よろしければ、「失敗」に関する記事は
こちらもチェックしてみてください。

【その③】人からの評価や意見に振り回されない

他人の意見で自分の本当の心の声を消してはならない。
自分の直感を信じる勇気を持ちなさい。
スティーブ・ジョブズ(1955年~2011年)

人は、誰しも褒められたいものです。

 

人の評価を気にしてしまいますし、
他人が自分よりも上手くいっていると焦りますよね。

 

でも他人の評価を気にし過ぎると、疲れてしまいます

 

ボクも昔は人からの評価を気にし過ぎていて
「ボクの方が頑張っているのに、なんであの人だけ」と、負のスパイラルに入っていました。

 

ですが、
人の評価はコントロールできないことを学び
そこからは他人から評価を気にしなくなりました。

 

自分がコントロールできることに集中する。
その大切を学びました。

たとえば、
昨日の自分と比べて、今日できることが増えたか

 

自分なりの目標や軸を決めて
それを達成するために頑張った方が
やる気も高まり成長もできる、と今は実感しています。

まとめ

うまくいかないことが当たり前だと考えると、少しは心が軽くなりませんか

 

むしろ、うまくいかないと思えたことは
アインシュタインも言っているように、
あなたが何か挑戦している証拠です。

 

それって素敵なことですよね。

 

なので、「自分はダメだ」と
落ち込む必要は、全くありません

ぜひ前向きに考えてみてはいかがでしょうか。

 

今回の記事が少しでも参考になったことを願っております。

 

最後までお読みいただきありがとうございました^^

 

よろしければ関連記事
チェックしてみてください。

ランキングに参加中です。
応援していただけるのでしたら、
『てる基地』の記事にワンクリックしてもらえるとうれしいです。
にほんブログ村 経営ブログ 仕事術へ
にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました