【神経科学から学ぶ】ストレスとうまく付き合う方法とは?モヤモヤから自分を解放しよう!

ライフスタイル
スポンサーリンク

こんにちは、てるきちです。

 

ストレス。それは、現代社会において
切っても切り離せないものです。

 

仕事や家庭、プライベートでも、
人は何かしらストレスを抱え生きています

 

今回は神経科学の日本の
パイオニアである青砥さんの著書

 

ブレインドリブンパフォーマンスが高まる脳の状態とは』
の内容を踏まえ、ストレスとうまく付き合う3つの方法をご紹介していきます。

 


※ クリックしていただけますとAmazonのサイトページに飛びます

最初にポイントを述べます。

 

  • 自分と向き合い、「ストレス」をしっかりと認識する
  • ストレスの原因をみつけ、適切に対処する 
  • 意識的に何事もポジティブに捉えてみる

 

では、早速みていきましょう。

ストレスとは?

ストレスとは、明確な定義はないですが
外的環境の変化プレッシャーなどから
受けるダメージのことです。

 

ストレスの原因
人によってさまざまです。

 

ただ多くの人は、環境が変化したり
予測できないことが起きたり、
先が見通せなく、モヤモヤな状態が続くと
不安になり、ストレスが高まります

 

一般的にストレスと聞くと、
ネガティブな印象が強いですが、
実は、私たちの集中力認知力
高めてくれる効果もあります。

 

ではここかからはストレスとうまく
付き合う方法をみていきましょう。

【ポイント①】自分を見つめ、「ストレス」を認識する

先ほどご紹介した通り、
ストレス
と聞くと、ついネガティブな印象
を抱いてしまいがちです。

 

ですが、本来ストレスは
「集中力や注意力を高めてくれる効果」
があり、生物として必要なものです。

 

主体的にやりたいと思っているときに、
私たちの身体にかかるストレスは、
記憶力や集中力の向上など、実はプラスの効果が大きいのです。

 

問題は、モヤモヤしたストレスを感じたまま
生活を続けてしまうこと。
人は、あいまいな状態から受けるストレスが
もっとも苦手です。

 

そこから脱却するためには、
自分が何からストレスを感じているのか、
を認識することが大事になります。

 

そのために必要なことは、
「自分と向き合うこと」
つまり、自分自身との対話です。

 

忙しい人でも「自分と向き合うこと」は、
隙間時間でできます。

 

以下のことを参考に、まずは
自分が何にストレスを感じているのか
を見つめてみる時間をとることを
習慣にしてみてください。

 

オススメの方法は

 

 

  マインドフルネス効果②>>
「マインドフルネス」とは?めい想の方法・効果と「呼吸のめい想」のやり方 | NHK健康チャンネル

 

  • 日記を書く。
    気持ちを外に出すことは、アタマの整理にもなります

 

  • 深呼吸する
    これは、すぐにできそうです

【ポイント②】ストレスの原因をみつけ、適切に対処する

「ストレッサー」とは、
自分が感じるストレスの原因のこと
です。

 

自分が何に対して
ストレスを感じているのか認識できたら、
次は適切なストレスかどうか」を区別します

 

  • 自分がしたいことや、やろうとしていることから受けるストレス」は、適切なストレス
  • 「望まない状態から受けるストレス」は、過剰なストレス

 

過剰なストレスになると、
ビジネスマンであれば、プレゼン前に緊張して頭が真っ白になってしまったり、
就寝時間になっても、仕事のことがアタマから離れず、寝付けなくなってしまったり、
と、いった状態になります。

 

過剰なストレスを適切なストレスの状態
にするには、以下の2つが大切です。

 

  1. どういう時に、過剰なストレス状態になるのかを理解する
  2. 自分なりのストレス解消法をしっかりと持っておく

 

本書では、ストレス解消法の例として以下を紹介してます。

 

  • ある場所に行く
  • あるものを食べる
  • ある人に会う
  • 誰かと話す
  • 誰かにハグしてもらう など

 

ストレスはため込まないことが理想です。
なるべく、その日に感じたストレスはその日に解消できるように
自分なりの方法見つけていきましょう。

 

ストレス解消法>>

 

ちなみにボクのリフレッシュ法は
「温泉」です。
温泉に入りながら、ぼーっとする時間って
ほんとに最高に贅沢ですよね。

【ポイント③】何事もポジティブにとらえる

ストレスを感じたとき、ストレスを意識的に
ポジティブに変換してとらえるクセをつけることも大切です。

 

クセづけを行うことによって、
「ネガティブなストレス」を受けても、
「ポジティブなストレス」へと
配線の置き換えができるようになります。

 

ポジティブにとらえるクセをつけるために、
普段の生活に、以下のエッセンスを取り入れてみてはいかがでしょうか。

 

  • 自分の心境を紙に書き出す。
  • 自分は恵まれていると考え、ストレスを小さくする
  • 何事にも感謝の心を持つ。
  • よく笑う。日常にユーモアや笑顔を。

まとめ

いかがだったでしょうか。

 

今回は、以下の内容を紹介しました。

 

  • 自分を見つめ、「ストレス」を認識する
  • ストレスの原因をみつけ、適切に対処する 
  • 意識的に何事もポジティブに捉えてみる

 

現代は「不確実性が高い時代」です。

 

何事にも
やっていることには意味がある
と思えることは、過剰なストレスを押さえ、

ポジティブな方向に自分を導いてくれます

 

どうせストレスを感じるのであれば、
自分にとってプラスになるようにしていきましょう

 

今回の記事が、少しでも参考になったことを願っております。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました^^

 

よろしければ関連記事
チェックをしてみてください。

 

 

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました