【一流のビジネスマンなら知っている】いま求められているアート思考とは?

スキルアップ
スポンサーリンク

こんにちは、てるきちです。

 

世の中の変化ははげしさを増し、
社会は不透明な時代に突入しています。

 

日本は高度経済成長をへて、
生活において足りていなかった
モノが供給されました。
その結果、ボクたちの生活は物質的にはゆたかになりました。

 

しかし、その後はバブルが崩壊し、
インターネットが発展し、
よりグローバル化が加速するなかで、
将来がどうなるのかわからなくなりました。

 

そんな今日では、これまで注目されていた

 

  • 「論理的思考」
  • 「問題解決力」

 

だけでは限界がきています。

 

そこで注目を浴びている新しいアプローチが「アート思考」です。

 

常識にとらわれないアプローチは、
アートの世界だけではなく、ビジネスの世界でも必要です。

 

モノゴトをとらえ直し、
あたらしい解決方法や視点を導いてくれます

 

今回は、著書『アート思考 ビジネスと芸術で人々の幸福を高める方法』
の内容を踏まえながら、不透明な時代を生き抜くために、必要なことをご紹介していきます。

 

 

早速みていきましょう。

ストッパーを外そう

突然ですが、「アーティスト」ってどのようなイメージですか?

 

  • ミュージシャン?
  • 画家?
  • クリエイティブな人?

 

などなど、頭に浮かんでくるイメージがあると思います。

 

本書では、「アーティストとは、答えを示す人ではなく、問いを発する人である。」と述べられています。

 

たしかにアーティストって
自分の考えを、さまざまな形を通じて世の中に発信していますよね。

 

画家であれば、絵の中で自分の考えを表現します。

 

歌手であれば、歌の中に自分の想いを表現します。

このように書くと、アーティストとは
「何か特別な感性を持った人」
という印象を持ってしまうかもしれません。

 

ですが、そんなことはないんです!

 

ボクたちはいまや
テクノロジーが発達したおかげで、
過去と比べられないほど、表現方法が自由に広がりました

 

たとえば、YoutubeやSNSなどです。

 

「よくこんな面白いこと考えられたなぁ」
と、感心させられる人もいますよね。

 

最近ですと、
YoutuberのHIROMUNIERU。さんの動画をみて衝撃が走りました。

 

1分30秒でGU購入品紹介する男
写真集発売中↓ follow me channel & instagram & Webサイト↓instagram account↓↓世界の人達instagram accou...

 

自分が思ったこと、感じたことを発信し、
それを世の中の人たちに共有し、投げかけていく。

 

こういう活動をしている人たちは、
ボクはアーティストだと思っています。

 

こう考えていくと、アーティストが身近に感じられませんか。

アーティストに必要な要素

【要素①】まずは、問いを立てる

まずアーティストとして大切なことは、
「問いを立てる」ことです。

 

「問い」は、日常生活についての疑問・不満から生まれます

 

なんとなく日々を過ごしている人から、
アーティストは生まれません。

 

たとえば、

 

  • 「〇〇であったらいいのに」とか
  • 「なんで〇〇じゃないんだろう」とか

 

こういったことを生活で思ったり、
言われたりしている人は、すでにアーティストの芽がでています

【要素②】次に、表現する

つぎに大切なことは、
「表現する」ことです。つまり、何かしらアクションをとることが肝心です。

 

そうでないと、残念ながらただの
不平不満を言う人で終わってしまいます。

 

口だけの人は、
最初は信用されるかもしれませんが
だんだんメッキが剥がれてきて、いずれバレます。

 

本書では、
「いまのアートに求められるのは、
テクノロジーやデザインと結び付けて、
社会的な課題にあたらしい提案を行うこと。」と、紹介されています。

 

SNSやテクノロジーを活用して、
自分が納得いかないこと、
変えていきたいこと、を自分なりに表現していきましょう。

いまはそれができる時代です。

【要素③】「正しい」問いをたてる

そして最後に大切なことは、「正しい問いをたてる」ことです。

 

この「正しい」というのがポイントです。
そして、むずかしい部分でもあります。

 

「問い」は日常生活の疑問からうまれる
と言いましたが、個人的な問いすぎると、共感してくれる人が少なくなります

 

アーティストには、
「自分が満足するものを追い求める」という考え方があります。

 

ですが、この記事は
ビジネスをに活かすことが目的なので、
自己満で終わってはいけません。

 

つまり、自分が疑問を持っていながら
その疑問を解決することで、
他者もしあわせになるような
問いを立てていくことが大事です。


「疑問を持っていること」は肝心
です。

 

なぜなら、表現をしつづけるためには、
かなりエネルギーを消費するからです。

 

人の心を魅了するためには、
アーティストのこころが燃えてないと他人には響きません。

日本のビジネスマンに求められる力

  • 「正しい問いを立てる力
  • 「個から湧き上がる情熱」

 

日本の会社はこれらの力が弱いと感じています。

 

高度経済成長期からバブル期までは、
経済も順調に成長していたので、
上から言われたことをそのまま実行していればいい時代でした。

 

ですが、その組織的な文化がいまは悪い方に働いているように感じます。
目の前の問題への「解決策ばかり」を考え、
本来のあるべき姿を考えることを忘れてしまっています。

 

仕事のパフォーマンスについても、
心から納得できていない上司からの指示を
やったところで、パフォーマンスには限界がありますよね。

 

その積み重ねの結果が、今の日本経済だと。

 

冒頭にお伝えしたとおり、
社会には未解決な問題が山づみです。

 

環境、教育、医療、格差
など、多岐にのぼります。

アーティストは、
結果よりもプロセスを大切にします。

 

「わからないからつまらない」
と考えるよりも、

「わからないから面白い」
と考えるのです。

 

そういった意味においても、
手つかずの問題を解決し、
社会を豊かにできるのは

今回のブログで紹介した「アート思考」を持ったひとりひとりです。

まとめ

正解がない時代に突入したいまこそ、
「アート思考」が大切です。

 

自分なりの「問い」を立て、
それを社会へ表現していってください。

 

きっと共感する人、
応援する人たちがあらわれてきます。

 

僕も「アーティスト」になれるように、
これからも頑張ります。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました^^

 

よろしければ関連記事もチェックしてみてください。

タイトルとURLをコピーしました