実行力がある人は、人生10倍楽しくなる!実行力の鍛え方とは!?

スキルアップ
スポンサーリンク

こんにちは、てるきちです。

 

新しいことをはじめようとしても
なかなか継続できないことってありませんか。

 

その原因は、「実行力」がないからです。

 

「実行力」とは、目標を達成させ、夢を叶える力のことです。
夢を実現させる人は、才能や運以上に「実行力」があります。

 

やりたいことを実現させる「実行力」を身につけられれば、
仕事もプライベートも、今より10倍楽しくなります

今回の記事では、だれでも「実行力」を身につけられるノウハウをご紹介していきます

 

では、最初にポイントを述べます。

 

  1. 「実行力」を強化するには、行動を動機づけさせる
  2. 自分のとってのニード・メリットを理解し、メリットを強化していく
  3. 結果ではなく、行動に焦点をあて、記録していく

 

早速みていきましょう。

自分が「ワクワクする動機づけ」をしよう

人はお腹がすいたから、ご飯を食べ、
気分を上げたいから、オシャレやメークアップをし、眠いから、布団に入ります。

 

意識、無意識に関わらず、
私たちが何か行動を起こしているときは、
何か動機があるのです

メイクアップ

仕事がバリバリにできる社員とイマイチな社員の違いは、どこにあるのでしょうか。

 

その大きな要因は、
動機づけできているか、いないかの違いです。

 

仕事がバリバリにできる社員は、
自ら仕事に意義や目的を見つけ、
主体的に仕事をこなしていきます。

 

一方、イマイチな社員は、
指示されたことをただやっているだけですので、消極的な姿勢で仕事を行っています。

 

「実行力」を高めるためには、
まず自分の中で動機づけをしてください。
それも自分がワクワクするような動機づけが大切です。

動機づけの注意点

補足として、ご紹介します。

 

動機づけの注意点として、
目的と動機づけを混同させないことが大事です。

 

たとえば、ビジネスマンの場合、
「生産性を高めたい」というのは、
動機づけではなく、目的です。

 

「生産性を高めたい」の場合、
「家族との時間をもっと増やしたい」というのが動機づけの例です。

 

動機づけが明確になると、やるべき行動がみえてきます

 

今回の場合では、たとえば
「業務の無駄をすべてカットしていこう」という行動につながります。
※図でも説明しておきますね。

このように、動機づけは直接行動につながるもの見つけていくことが大切です。

ニード・メリットを理解し、メリットを強化していこう

「メリットを強化する」とは

人の行動は、ニード(必要性)メリット(利点)セットです。

 

たとえば
「暑いからコートを脱いだ」とします。

この場合、

  • 「暑いからコートを脱いだ」は、ニード(必要性)
  • 「コートを脱いで涼しくなった」は、メリット(利点)

となります。

 

メリットを感じると、
人は次に同じような状況になったときに
再び同じ行動をするようになります

 

「メリットが強化」されている状態です。

 

メリットが強化されると、歯磨きのように
なくてはならない習慣になります。

「実行力」を高めるには、意図的にメリットを強化していく

メリットを意図的に強化することで、
「実行力」は高まります

 

では、どうすれば意図的に強化できるのでしょうか。

 

何か自分が行動をおこしたとき、
「ごほうびをあげる」、または「自分をほめる」ようにしましょう。

 

たとえば、
「ブログ1記事かいたら、ケーキを食べよう」
「10件アポを入れたら、コーヒーを飲もう」など

ごほうび

ごほうびは、あなたがメリットに感じることであれば自由です。

 

ボクの場合は、ブログを書いた場合Twitterでお知らせしているので、
「リプ」や「いいね」をもらうことで、メリットを強化しています。
(いつも反応してくださる方、ありがとうございます)

 

自分なりのごほうびを設定することで
やる気をアップさせます。

結果ではなく、行動に焦点をあて、記録していく

ここからは、夢を叶えるために大切な
「継続するためのポイント」をご紹介していきます。

 

その① 結果ではなく、行動に焦点をあてる

ダイエットなど、すぐに結果がでないことって挫折しやすいですよね。
続けていかなければ、夢は叶えられません。

 

そのためには、結果ではなく「行動」に焦点をあてていきましょう。
行動をコントロールすれば、結果は変わってきます

 

ダイエットであれば、

 

  • 毎日体重計にのること
  • 運動を1日30分すること
  • 間食をしないこと

運動

設定した行動目標をしっかりと達成できたか
どうかを毎日チェックすることで、モチベーションを保てることができます
また、やるべきことが明確なので、強い精神力なども必要ないです。

その②小さなゴールを設定する

①行動に焦点をあてることと関連しますが、
小さなゴールをいくつも設定していくことが大事です。

 

小さなゴールとは、
ゴールまでの中間地点です。
ゴールまでの長い道のりだけでは、だれでもつらいです。

 

いまは、登山でいう何合目なのか、
しっかりゴールを分けることによって、
前進していることがわかりますし、
ゴールをクリアすれば達成感もわきます

達成感

まずは自分ができる現実的な範囲で、
小さなゴールを設定していきましょう。

その③結果に直接結びつく行動をしていく

行動をコントロールしたとしても、
夢を叶えるために直接結びつく行動ではないと効果がないので、注意が必要です。

 

たとえば、ダイエットしたい人が、
ダイエット本を毎日読むことだけを行動目標に設定した場合、
本を読むだけでは痩せませんよね。

 

もちろん、インプットは大切ですが、
食事や運動など、直接体重をへらすことに
関係する行動目標を設定していくことが大切です。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

 

以下、おさらいです。

 

  1. 「実行力」を強化するには、行動を動機づけさせる
  2. 自分のとってのニード・メリットを理解し、メリットを強化していく
  3. 結果ではなく、行動に焦点をあて、記録していく

 

行動をコントロールし、日々チェックを行えば、必ず今の自分より力をつけることができます。

 

「実行力」の高め方は、
自分がやる気になる方法でカスタマイズができます。

 

夢を叶えるのは、
簡単なことではありません。
ですが、
どうせならそのプロセスを楽しんでいければ幸せですよね

 

そのために大切なのが、
今回の「実行力」だと感じています。

 

今回の記事が少しでも参考になることを願っております。

 

最後まで、お読みいただきありがとうございました^^

 

「やりたいことを実現させる」ために、
よければこちらの記事も参考になるので、チェックしてみてください。

【やりたいことを実現させる】生産性を高める、タスクマネジメントの方法
こんにちは、てるきちです。 日々の業務に追われ、 仕事の優先順位がわからなくなったり、 自分がやらなくていい仕事までやってしまい 労働時間を増やしてしまったり、 といった経験はありませんか。 仕事の全体像...
【初心者向け】KGI・KPIって何?わかりやすく紹介します!
こんにちは、てるきちです。 自分なりに目標をたてて、 取り組んだものの、途中で 挫折してしまった経験ってありませんか。 以前、別の記事では、 「なりたい自分になるために大切なこと」 をご紹介しました。 ...
タイトルとURLをコピーしました