【20~30代のビジネスマン必見】どんな環境でも結果を出す「自己管理能力」とは?

スキルアップ
スポンサーリンク

こんにちは、てるきちです。

 

働き方が多様化している今日では、
ひとりひとりの「自己管理」
より大切になってきました

 

ビジネスの基本は、
相手との「信頼です。

 

つねに安定した結果を出し続けている
ビジネスマンは、自己管理を徹底しています。

 

そして、この“出し続けている”
という点がポイントです。

 

一発のみや短期的な期間だけではなく、
中長期的に私たちはパフォーマンスを
発揮していく必要があります。

 

ましてやこれからは
「人生100年の時代」です。

 

まだまだ続く
あなたの人生です。

 

今回の記事は、これからの
ビジネスマンに必須のスキルである
自己管理能力について
わかりやすくご紹介していきます。

 

この能力が身につけば、どんな環境でも、
パフォーマンスを発揮できるようになります。

 

 

最初にポイントを述べます。

 

  •  自己管理とは、時間体調感情の3つ
  •  自己管理能力が高い人は、自己理解があり、目的意識がある
  •  自己管理能力は、PDCAサイクルを活用する

 

では、早速みていきましょう。

自己管理とは?

自己管理とは、文字通り
「自分を管理すること」です。

 

自己管理には、大きく分けて
次の3つに分類できます。

では、それぞれみていきましょう。

【その①】時間管理

できるビジネスマンは、
時間管理がしっかりしています。
過ぎた時間は、
もう取り戻すことができないからです。

限られた時間の中で、
最高のパフォーマンスが出せるよう
常に時間を意識しています。

 

また相手の貴重な時間を奪わないように
約束の時間を守ったり
コミュニケーション手段も
あとで確認できるメールチャットなど
をうまく利用したりしています。

【その②】体調管理

普段、どんなに仕事ができる人も
暴飲暴食生活習慣の乱れ
体調を崩してしまえば、
パフォーマンスは半減以下になります

 

そうならないためにも、
できるビジネスマンは、いつも
食生活運動睡眠習慣を見直しています。

【その③】感情の管理

できるビジネスマンは感情の管理
コントロールしています。

 

予想外の事態に直面しても
すぐに冷静さを取り戻し
安定した気持ちで仕事を行います。

モチベーションコントロールもうまいです。
目的目標を自ら設定し、やり抜きます。

自己管理力が高い人の特徴とは?

【その①】自分のことを理解している

自己管理力が高い人は、

 

  • 強みや弱み
  •  得意なこと苦手なこと
  • 好きなこと嫌いなこと
  •  自分の性格
  • 過去の失敗や反省

 

こういった点を
自分なりに理解しています

 

たとえば、「弱み」「苦手なこと」
また「過去の失敗」から学んだことを
活かして、次は失敗しないように工夫します。

新しいことを挑戦するときのレベル感
達成不可能な目標は立てないので、
挫折する可能性が低く、自己肯定感が高い人が多いです。

【その②】何のために?という目的意識がある

いま取り組んでいることの目的感
しっかりと理解している人は「自己肯定感が高い」です。

 

目的や目標を理解していないと、
いつの間にか「目的」「手段」
逆転してしまいます

 

そうなってしまうと、
本来やらなくてもいいことまで
やってしまったり、
またはやるべきことをやらなかったり、
無駄が多くなります

自己管理能力が高める方法とは?

では、ここからは自己管理能力を高める方法
をご紹介していきます。

【STEP①】適切なレベルの目標(ゴール)を設定しよう

自己管理力を高めるために、
まずは目標(ゴール)を設定しましょう。

 

ゴールの立て方のポイント2つです。

 

  • 自分の実力よりも、少しだけストレッチしたら達成できそうなもの
  • 目標は、5W2H*を使い、具体的にする

*5W2Hとは>>

5W2Hとは|ビジネスマンのためキーワードで覚える!ITビジネス用語辞典
5W2Hとは、情報を、論理的に分類して「まとめる」手法のことをいう。もともとは5W1Hという同種の手法があり、それに「How much(いくらで?)」を加えたもの。5W1Hを分解すると「Why(なぜ?

 

成長するためには、
ラクにできるものではなく、
すこし背伸びした目標設定が大切です。

 

またいつまでに?何を?など、
具体的に考えることで
するべきアクションが見えてきます

【STEP②】紙に書いて言語化しよう

目標(ゴール)を設定したら、
ぜひ紙に書き出し
見えるところに貼っておきましょう

目標を書いたときは、
やる気に満ちていても、
大体の人は慌ただしい生活に追われ、
せっかく設定した目標を忘れがちです

 

紙に書きだして貼っておく以外に
家族、友人、職場仲間SNSを活用し、
「自分は○○する」
と、宣言することをオススメします。

 

他人に共有することで、
あなたもスイッチが入りますし、
アドバイス励ましのサポートをもらえるかもしれません。

【STEP③】目標を達成するために、計画を立てよう

目標を立ててからが、本当の勝負です。
目標を達成するために、
To Doリストを作っていきましょう。

 

ここで大切なことは、To Doリストを
細かく設定していくことです。

高く設定してしまうと、
続けられなく可能性があるからです。

 

もし、挑戦として年間読書100冊とするなら、

 

  • 通常は、1週間に2冊読む
  • きついときは、1日10ページだけ読む

 

続けられる目標を設定していきましょう。
小さい目標を達成することで、
自己肯定感がさらに高まります

【STEP④】進捗を確認しよう

To Doリストをつくったら、
あとは目標達成に向け、行動していきましょう。

 

その時に行動を記録することは、
自己管理力を高めるために大切です。

 

たとえば、

 

  • 何ができている?
  • 何ができていない?
  • どうしてできている?
  • どうしてできなかった?

 

進捗を確認することで
自分の行動を理解し、
改善していくことができます。
まさにPDCAサイクルのの考え方です。

 

 

またある程度記録がたまってきたら、
他人に進捗を共有すると、
応援したりアドバイスくれたりして
モチベーション高まるので、オススメです。

 

まとめ

いかがだったでしょうか。

 

今回は、以下の内容をご紹介しました。

 

  •  自己管理とは、時間体調感情の3つの管理
  •  自己管理能力が高い人は、自己理解があり、目的意識がある
  •  自己管理能力は、PDCAサイクルを活用する

 

自己管理能力が高い人は、
企業に勤めていよう
個人で働いてようが、
働き方が変化しようが、
環境の変化に影響を受けません

 

自分の目標をきっちりと
達成していくことができます。

 

その積み重ねが、
やがて「信頼」と変わります

 

今回の記事が少しでも参考になったことを願っています。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

よろしければ関連記事
チェックしてみてください>>

【ブログ初心者必見】ペルソナを知れば、あなたの記事は100倍読まれるようになる!
こんにちは、てるきちです。 ブログを開設して 頑張って更新しているものの なかなかアクセスが伸びなかったり、 アフィリエイトで稼ごうと 記事を書いていても、 全然購入までつながらなかったり、 ...
実行力がある人は、人生10倍楽しくなる!実行力の鍛え方とは!?
こんにちは、てるきちです。 新しいことをはじめようとしても なかなか継続できないことってありませんか。 その原因は、「実行力」がないからです。 「実行力」とは、目標を達成させ、夢を叶える力のことで...
【やりたいことを実現させる】生産性を高める、タスクマネジメントの方法
こんにちは、てるきちです。 日々の業務に追われ、 仕事の優先順位がわからなくなったり、 自分がやらなくていい仕事までやってしまい 労働時間を増やしてしまったり、 といった経験はありませんか。 仕事の全体像...
タイトルとURLをコピーしました