【社会人に必須スキル】情報収集力を高める5つのポイントとは?

スキルアップ
スポンサーリンク

こんにちは、てるきちです。

 

情報が溢れた時代において、
質の良い情報を集められることは、
より正確な判断ができるようになります。

 

また、いまの世の中は、
仕事、お金の知識、買い物など
知らない人が損をする仕組みになっています。

 

そういった意味でも
これからの社会人にとって
「情報収集力」必須のスキルです。

 

今回の記事では、
情報集力を高める5つのポイント
ボクなりの視点でご紹介していきます。

 

この記事がオススメな人は、

 

  • 情報の集め方に困っている人
  • 効率的な情報収集のやり方について知りたい人

 

では、早速みていきましょう。

【ポイント①】「目的」を意識しよう

「何のために」情報を収集するのか
まずは、目的を決めていきましょう。

 

たとえば

 

  • 英語の勉強の仕方について学ぶ
  • 効率的な時間の使い方について学ぶ

 

目的を設定することによって、
情報が溢れかえっている中、
必要な情報を選択していくことができます。

収集した情報をどのように活用するのか
最終のゴールをイメージしたうえで、
情報収集すれば、質の高いアウトプットにつなげていくことができます。

【ポイント②】「幅広い」情報に触れる

私たちは生活しているだけで
さまざま情報に触れています

 

たとえば、

 

  • インターネット
  • 新聞
  • テレビ
  • ラジオ
  • 本・雑誌
  • Youtube
  • SNS
  • 口コミ など

 

偏った情報から収集するのでなく、
幅広い情報を収集していくことが大切です。

 

複数の情報源から情報を集めていくことに
よって、より正確性の高い情報を収集する
ことができます。

情報は「自分の主観」「先入観」
集めようと思えば、集められてしまいます。

 

たとえば、
「ブログを開始したら、人生が変わる」
という軸を決めて、それを証明するような
都合はいい情報ばかりを手に入れ、

 

その結果、
「ブログを始めたら人生が変わります」
という風に見せてしまうこともできます。

 

しかし、何事もメリットがあればデメリットもあります。

 

幅広い情報を収集することで、
偏った情報ではなく、中立的な情報を
一度理解したうえで、
どの情報を選択するべきか
明確にして情報収集を行いましょう

【ポイント③】「情報源」を確認する

【コツ②】幅広い情報に触れると関連して、
情報源を確認することが大切です。

 

情報には「正確性」「信用」が大切に
なってきます。

 

インターネットやYoutube、
SNSなどは、誰でもすぐにアクセスが
できるものの、専門家ではない
個人が発信していることが多いため、
トレンドを知るためには適していますが、
「正確性」や「信用」は弱いです。

 

一方、お金を出して情報を買っている
新聞や本は、インターネットやSNSと
比べて、スピードは遅いですが、「正確性」「信用」は高いです。

新聞というと一元化されてしまいますが
各新聞には、それぞれ思想があり、
報道の仕方が異なります。

 

ですので、より正確性な情報を
収集したければ、複数の新聞を
読み比べてみることをオススメします。

 

「どの媒体」の「誰が発信しているか」
大切になってきます。

 

インターネットやSNSでも、
官公庁の情報専門家の情報だと
いうことが確証できれば、
さまざまなシーンで有効に活用することができます。

【ポイント④】情報の「鮮度」を意識する

情報は日々アップデートされています。
ですので「鮮度」を意識することが大切です。

 

とくに「トレンド系」の情報がこれにあたります。

 

たとえば、
最近は慣れたかもしれませんが
コロナに関するニュースには、
相当振り回されていると思います。

Go to キャンペーンにしろ、
緊急事態宣言にしろ、
昨日言っていたことが翌日には変わる
いったことが往々に起きています。

 

アップデートが激しい情報については
専門家のWEBサイトTwitter
登録しておき、すぐに最新情報にキャッチアップできるようにしておきましょう。

【ポイント⑤】情報集する「時間」を決めておく

現在では、つねに処理しきれないほどの
情報が日常の中で発信されています。

 

Twitterなどをながめていると
次から次へツイートがあがってきて
あっという間に時間が経ってしまいますよね。

 

ですので、情報収集するときは時間を
決めておくことをオススメします。

 

新聞を購読されている方は、
毎朝仕事に行く前や通勤中に
読まれている方が多いと思います。

情報収集時間を決めることによって、
以下のメリットがあります。

 

  • 限られた時間でインプットできる(ダラダラずっとみない)
  • 定期的にチェックすることによって、テーマに関する日々の変化が分かる

 

コロナに関する情報も、
ここ1年間で日々変わってきましたよね。

 

テーマを決めて、
情報をアップデートすることによって
そのテーマの背景文脈などが
段々とわかるようになり、理解を深めることができます。

オススメな情報収集の方法について

新聞以外でオススメな情報収集としては、
こちらです。

 

『Googleアラート』

自分が情報収集したいテーマを
設定しておけば、指定した時間
Googleが最新情報をあなたに教えてくれます

 

『NewsPicks』

経済、金融、医療、教育などの
幅広いジャンルについての専門家の情報
動画や記事でチェックすることができます。

まとめ

今回は情報収集のコツをご紹介してきました。

 

目的を設定し、それに合わせた情報収集を
していけば、仕事のパフォーマンスが上がり
「知らなかった!」と損をする機会も減ると思います。

 

情報がますます重要になってくる中、
情報に振り回されないためにも、
今回の記事を少しでも参考になったことを願っております。

 

最後までお読みいただきありがとうございました^^

 

よろしければ関連記事も
チェックしてみてください。

ランキングに参加中です。
応援していただけるのでしたら、
『てる基地』の記事にワンクリックしてもらえると
うれしいです。
にほんブログ村 経営ブログ 仕事術へ
にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました