【提案力を磨けば仕事が楽しくなる】提案力を高める5つのポイント

スキルアップ
スポンサーリンク

こんにちは、てるきちです。

 

ビジネスマンにとって
「提案力」って大事ですよね。

 

営業職にしろ、
企画職にしろ、
スタッフ職にしろ、
いいアイディアやサービスがあっても、
「提案力」がなければ、相手の心を動かすことはできません

 

「提案力」がある人は、
やりたいことを切り拓く力があります。

 

 

そしてなにより、自分の提案が採用されると
仕事が楽しくなります。

ボクはむかし営業職の経験があり、
いまは営業ではないのですが、
仕事柄さまざまな人たちとチームを組むことが多いです。

 

その経験から、今回の記事では
「提案力」を高めるための5つポイントを
ご紹介していきます

 

では、最初にポイントを述べます。

 

  1. 相手に「寄り添う気持ち」を持つ 
  2. 「相手のニーズ」と「自分ができること」がきちんとわかっている 
  3. 「自分の意志」をもって提案している 
  4. 相手の質問をシミュレーションして、的確に回答する 
  5. 次回に繋がるクロージングをしている

 

早速みていきましょう。

【その1】相手に「寄り添う気持ち」を持つ

1つ目は、
相手に寄り添う気持ちを持つことです。
これは、大前提になります。

 

人の心を動かす要素で大事なのは、
提案された内容に対して
「共感」できるかどうか
です。

「この人は自分のことを思って、
言ってくれているんだ」

 

と、思われるような提案だと、
自分がもし提案された側だったら、
うれしいですよね。

 

相手に寄り添う気持ちを持った提案は、
相手に「あらたな気づき」を与え
それが信頼に繋がります

 

一方、仕事だから仕方なく提案をしたり
売上を伸ばすためだけに提案していると、
不思議なもので、提案された方はすぐにわかってしまいます。

 

「相手の目線」で考え、
提案していくことは大切な要素です。

【その2】「相手のニーズ」と「自分ができること」をきちんと理解している

まず「相手が何につまずいているのか」
をしっかりと考えることが大切です。

 

相手に寄り添うことは大前提として、
望んでいないものを提案しても、
こちらには振り向いてくれません

そのため、提案前に相手のことをできるだけ
理解しておく必要があります。

 

たとえば、夏のカンカンの猛暑日に
のどが渇いた人がいたとして、
「キンキンの冷水」を出す人と、
「熱々のおでん」を出す人がいたら、
「冷水」の方がありがたいですよね。

 

たとえが極端ですが、
実際のビジネスでは、よかれと思って、
「熱々のおでん」を出してしまう人が多いのではないでしょうか。

 

つまり、相手が全く望んでいないモノを
提案してしまうパターンです。

 

提案の精度を高めるためには、
相手がほしいタイミングで、
的確なものを提案することが大切です。

そのためには、
相手の特徴気にするポイントなどを
事前に調べておくことが必要です。

 

同時に大切なのが、
「相手に対して自分が何ができるのか」を理解しておくことです。

 

相手に対して
「できる、できる」と提案していても、
ふたを開けたら、全然できなかったら
不信感につながり、仕事がなくなる可能性があります。

 

ですので、
しっかりと自分の価値を発揮できる分野で
相手のニーズを考えながら
提案することが大切
です。

【その3】「自分の意志」をもって提案している

「提案」には、正解がありません。

 

ですが、経験上「自分はどうしたいか」
「相手にどうなってほしいか」を
しっかりとした意志を持って話せる人
相手の心射抜き、採用されます。

 

よく思うのですが、
現状に満足しない人が多いはずなのに
何かを変えようと、提案する人は少ない気がします。

 

クライアントにいわれたから、提案する」
上司にいわれたから、提案する」
それだと他人軸に振り回されているので、
提案内容が全然面白くなかったりします。

 

納得していないのであれば、
自分でドンドン提案して、
自分から状況を変えていきましょう

主体的な提案が、一番威力があります。

 

また「意志」をもって話すことで
言葉使いも、歯切れのいい言葉になります。

 

正解がない時代だらこそ、
自信をもって自らの意志を伝えること
自体に価値があります。

【その4】相手の質問をシミュレーションして、的確に回答する

提案をして、何も質問されず、
即採用になることはまずありません

 

必ず、提案された側は懸念事項などを
質問してきます。

 

そのとき、いかにうまく回答できるかで
提案が採用となる確率が大きく変わってきます

 

ボクが普段やっているのは、
相手からどんな質問がくるのか
予め仮説を考えておき、

それに合わせて的確に答えられるように準備しておきます

シミュレーション

また同じ内容の提案、
同じ相手に対する質問を続けていくと、
どういった質問が多いのか、
何が相手にハマるのか、

段々と解像度があがってきます

 

シミュレーションの精度を高めるには、
場数が大事です。

 

ですので、提案力を高める最初のステップ
とにかく「まず提案してみる」ことです。

そして「よかったところ」
「悪かったところ」
をしっかりと
振り返ることを続けていくと
提案力は磨かれます

【その5】次回に繋がるクロージングをしている

話が盛り上がったとしても、
次のステップに繋げられなければ
意味がありません

 

ですので、クロージングはとても大切です。

相手が提案に共感し、興味を持たれたら、
次のステップにつなぐために必要な要素を
具体的に洗い出しましょう

 

コスト感やスケジュール、機能など
具体的にヒヤリングを行い、提案の精度をあげていきます

 

その手間が、
次の提案の精度に大きく影響していきます。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

 

今回は下記の内容を紹介してきました。

 

  1. 相手に「寄り添う気持ち」を持つ 
  2. 「相手のニーズ」と「自分ができること」がわかっている 
  3. 「自分の意志」をもって提案している 
  4. 手の質問をシミュレーションして、的確に回答する 
  5. 次回に繋がるクロージングをしている

 

意識できればすぐにできること、
習慣化していくことで、磨かれること、
それぞれあるかと思いますが、
提案力を磨いた分、
やりたいことを実現する力がつきます

 

現状に不満をいうだけではなく、
納得がいかないようならば、
ドンドン提案して、自分がやりたい環境を
つくっていくことが大切です。

 

「提案力」を磨いて、
生活を楽しいものに変えていきましょう。

 

今回の記事が少しでも参考になることを願っております。

 

別の記事で、提案する前の「資料の作施術」をご紹介しています。
よろしければ、チェックしてみてください。

 

最後まで、お読みいただきありがとうございました^^

タイトルとURLをコピーしました