英語は学ぶべき!?留学経験者が語る ビジネス英語を学ぶうえでの心得とは

スキルアップ
スポンサーリンク

グローバル化が加速し、
テクノロジーが発展した結果、
世界との距離は
ますます近くなっています

 

英語をはじめ、
母国語の日本語以外を
話せるということは、
人生の可能性を広げます。

ですがその反面、英語を学ぶことは
とてもエネルギーを使います

 

  • 英語を学ぶことが、本当にあなたの人生にプラスになるのか
  • 英語を学ぶうえで大切なことはなんなのか

 

シンガポールに約1年留学経験があるボクが
自分の考えを述べていきます。

この記事にオススメの方は、

 

  • これから英語を勉強したいと思っている方
  • 英語を学ぶ必要性を知りたい方

 

最初にポイントを述べます

 

  • 英語を学ぶ目的が見つからなければ、無理に学ぶ必要はない
  • 目的に合わせた内容で英語を学んでいくべき
  • 学ぶことに、楽しさを取り入れよう
  • 失敗することを恐れない

 

では、早速みていきましょう。

本当に日本のビジネスマンには英語が必要?

多くの日本のビジネスマンは、英語を学ぶ必要がない

最初にお伝えしたいことは、
多くの日本のビジネスマンは、
無理して英語を学ぶ必要はない
と、ボクは思っています。

 

なぜなら、日本は世界3位の経済大国であり
日本人相手だけで仕事をしていても、
生活ができるからです。

実際、あなたは普段の仕事で英語を
使うシーンはありますか

 

おそらく、ほぼないのではないでしょうか。

 

少々古いエビデンスですが、ウェブサイトの
ダイヤモンド・オンラインによると、
「この1年間、仕事で少しでも英語を使った」
という人の比率は、2010年は16.3%とかなり少ないです

英語を仕事で使う人の数は減少傾向という現実、むしろ必要な力とは | その「英語」が子どもをダメにする | ダイヤモンド・オンライン (diamond.jp)

 

英語が必要なビジネスマンとは、

 

  • 外資系企業に勤める人
  • 日系企業に勤めているが、グローバルと接点がある人
  • ホテル、デパート、観光地の接客業をしている人
  • 研究者、教授、医師 など

 

日常的に、英語を使うシーンがある人たちです。

翻訳のテクノロジーが発展してきた

精度の低さ瞬発性はまだ弱いとはいえ、
翻訳系のサービスが充実してきています

 

  •  Google翻訳
  •  ポケトーク
  •  WellToolの翻訳サービス

 

とくにWellToolのサービスは、

 

  • 日本語のサイトを、一瞬で何か国語にも翻訳できる
  • チェット機能で、日本語で入力したものが
    自動で受けての母国語に変換される

 

こんな素晴らしいサービスがあります。

welltool | 多言語チャット | 多言語サイト | テレワーク | 多言語対応 | 多言語切替 |

 

翻訳のテクノロジーは
さらに発展していくので、
そのうち、「言語の壁は溶けていく」のが
ボクの考えです。

ですが、この記事を読んでいるあなたは
いまは英語に触れる環境ではないとしても、
英語を学び、可能性を広げていきたい
考えているはずです。

 

ですので、次からは英語を学ぶために
大切なことをお伝えします。

英語を学ぶために大切なこと

【大切なこと①】英語を学ぶ目的を明確にする

英語を学ぶために大切なことは、
学んだ先にどんなリターンがあるのか
自分の中で、理解していくことが大切です。

 

たとえば、英語を勉強して

  • やりたいことに挑戦できる企業に転職する
  • 今の企業で、グローバルな仕事に挑戦する
  • 友達や恋人をつくる
  • 海外に住む

といった、自分なりの目的を設定しましょう。

英語の習得には、
残念ながら時間がかかります

 

ですので、目的を明確にしておかないと、
途中で学んでいる理由がわからなくなり、
つまずきます

 

逆に英語を学ぶ目的が
特に見つかれないのであれば、
英語の勉強はせず、その時間をもっと
自分を磨く時間にあてた方がいいです。

【大切なこと②】目的に合わせて、英語を勉強する

一言に「英語」といっても、
ビジネス英語日常会話など、
英語のレベルは多岐に渡ります

 

自分がどの英語力が必要なのか
理解しておくことが必要です。

 

たとえば、TOEICの点数が高い人
「仕事で全然英語が話せない」という話は
よく聞く話です。

 

大手企業に入社する際は有利ですが、
TOEICはまだリーディングリスニング
重きを置いている試験ですので、
「TOEICの点数が高い=ビジネスで英語が使える」ではありません。

 

一方、

  • 外国人の友達をつくりたい
  • 旅行の際に、英語でコミュニケーションできるようになりたい

 

こういったことが目的であれば、
ビジネス英語のレベルはいらないので
TOEICなどは勉強する必要はありません。

日常的なコミュニケーションを
つけていくために、基礎を磨き
スピーキングとリスニングの力を
まずは学んでいく必要があります。

【大切なこと③】英語を学ぶことを楽しむ

経験上、楽しんで学んでいる人が
一番伸びます

 

途中で挫折しないためにも、
自分がどうすれば語学を楽しんで
学べるのかを考え、
自分にあった方法を学んでいきましょう

 

ボクは学生時代のとき
趣味から英語の学習をしました

 

親の影響で、
よくハイウッド映画は観ていましたし、
ヒップホップミュージック
大ファンなので、翻訳されていなくても、
聞き取れるくらいまで、英語力をつけたい
思ったのがきっかけです。

最近はNetflixで韓流ドラマにはまってしまい
韓国語の勉強にハマっています

 

あなたの心が動く方法で英語力を
高めていきましょう。

 

1つ注意点としては、
趣味として英語を勉強するには
楽しんで学ぶだけでいいのですが、
ビジネスマンは、楽しむことに加え
さきほどご紹介した

 

  • 目的感を持つ
  • 目的から逆算し、必要な英語スキルを磨いていく

 

この2点を意識することが大切です。

【大切なこと④】失敗を恐れない

母国語ではないのに、
最初からうまく英語を話せる人はいません

 

英語が上達する人の大きな理由の1つに
失敗を恐れず、とにかく語りつくす傾向があります。

 

日本人は、シャイで
失敗を恐れてしまうので、
積極的に話すのが苦手です。

 

ですが、ボクが出会ってきた
中国人、インド人、北欧や南米の人たちは
文法がめちゃくちゃでも、
積極的に話してきます

面白いのは、めちゃくちゃな英語でも
伝えたい思いがあると、
なんとなく伝わることです。

 

そうして、積極的に話した人たちは
失敗から学ぶ回数が増え、
短期間でものすごく上達します

 

英語を学ぶ決意を持ったのなら、
恥を捨てて、失敗を恐れず
どんどん話していきましょう

まとめ

英語はできないより、
できた方がいいのは、当たり前です。

 

これは英語に限った話ではありません。
人は「選択肢」が多いほうが有利です

 

大切なのは、英語を学ぶことが
いまのあなたの人生に
プラスに影響するのかということです。

 

答えが「YES」なら、
いますぐ生活の一部に英語をとりいれましょう。

 

「No」なら、もっと別の方法で
自分磨きをしていってください。

 

人生の時間は、あっという間に
過ぎてしまいます。

 

やるべきことに集中して、やっていきましょう

 

今回の記事が少しでも参考になったことを願っております。

 

最後までお読みいただきありがとうございました^^

 

よろしければ、関連記事
チェックしてみてください。

 

タイトルとURLをコピーしました